Entries

日常

私は毎日、昼休みに図書室に行く。
この週間も三年目になった。
思えば線香花火の瞬きの様に一瞬の物であった。
私はこの場所を永遠に記憶し続けるだろう。
私と彼女の始まりの場所であるから。
スポンサーサイト



終わった

後は唯、結果を待つのみ

では

征って参ります。

追記を表示

決戦前夜

今は唯、天佑神助を確信して全力を尽くすのみ

Extra

プロフィール

飛龍瑞鶴

Author:飛龍瑞鶴
喉に傷跡があるハゲ入道。
自称:唄って踊れる三枚目
共産趣味者にして、軍事愛好家

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる