Entries

闇に包まれた部屋で

先が見えてしまった。
生を受けた者に必ず訪れる先が
まだ、人生の半分も生きては居ない
いや、もう殆どを終えてしまったのかもしれない
覚悟は終わっている
遺された日々を普通に過ごそう
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://hiryuuzuikaku.blog60.fc2.com/tb.php/26-5d98ab07
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

飛龍瑞鶴

Author:飛龍瑞鶴
喉に傷跡があるハゲ入道。
自称:唄って踊れる三枚目
共産趣味者にして、軍事愛好家

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる