Entries

遠い雷鳴4

 雷鳴は去っていた。蟻達にはコレからが本番である。
 「対機甲戦闘用意!」
 号令が響き、歩兵たちが走り回る。
 カールグスタフ、パンツァーファウスト、TOW、M47 “ドラゴン”更には、鹵獲したRPG-7等が準備される。
 敵は戦車二個中隊を含む歩兵大隊。
 迎え撃つこちら側は日英連合、戦車二個小隊を含む歩兵二個中隊。
 迎撃体制を整える陣地の横を74改とチーフテンが砂塵を巻き上げて移動する。
 「日本人、そろそろ終業時間だぞ?」
 英兵が日本兵に時計を指して言う。対する日本兵も時計を指しながら
 「残業は日本人の十八番だ。それより良いのか?そろそろティータイムだぞ?」
 「それまでに終わらせれば万事OKだ。君たちも参加するか?」
 「喜んで参加しよう」
 笑みを交わし、お互いの得物、89式小銃とL85に初弾を装填した。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://hiryuuzuikaku.blog60.fc2.com/tb.php/72-82347bb2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

飛龍瑞鶴

Author:飛龍瑞鶴
喉に傷跡があるハゲ入道。
自称:唄って踊れる三枚目
共産趣味者にして、軍事愛好家

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる