Entries

それでは

暫く、おさらばで御座います

出戻り

退院したばかりではあるが、肝臓と脾臓に小さな膿が溜まっているようで。
明後日、再入院することになった。
私の人生は病院と家の往復で終わるんじゃないだろうか?
そんな、恐怖に襲われている。

原因究明の他の検査。

本日の通院でも、炎症の値が高く。
体内のどこかが悪いのは、間違いないらしく。
それを調べるために、週明けに造影剤を投与してのCTを撮る事になった。
何が原因かこれで明らかになればいいのだが…

読書

病院ではよく本を読んだ。
様々なジャンルの本を我ながら読んだと思う。
昔なら、書店で手に取らなかったであろう本も読んだ。
インターネット書店であらすじを読んで買うのを決める。
当たり外れは確かに大きいが、それ以上に新しい世界が開けるのが楽しい。

気分は浦島太郎

白血病発病以来。
入院と一時退院を繰り返してきたが、入院している期間の方がずっと長い。
毎日、様子を見るのと、必要物資を運んできてくれる家族には感謝気持ちで一杯である。
いつか、恩返しができたらと考えているが。入院生活はもう少し続きそうである。

そう、一時退院するたびに多くの場所、物、人が様変わりして浦島太郎気分を味わえる。
これは、嬉しい事もある。新しい発見はいつも嬉しいものだ。
また、悲しい事もある。 知っていたものが、消滅したり、大きく変化するのは悲しい。

Extra

プロフィール

飛龍瑞鶴

Author:飛龍瑞鶴
喉に傷跡があるハゲ入道。
自称:唄って踊れる三枚目
共産趣味者にして、軍事愛好家

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる